排卵検査薬の感度にはバラつきが…

ちょうど良い感度なのがドゥーテストだそうです

排卵検査薬なら、どれでも良いと思っていました。

アナログ式とデジタル式という違いはあるものの、結局は尿をかけて排卵日を予測するものという点に、変わりはありませんから。しかし、排卵検査薬を分けるのは、アナログ式とデジタル式という形式の違いだけではないそうです。

では他に、何が違うのかと言うと…感度です。つまり、黄体ホルモンを、どれくらいの量から検出できるか、という点が違うんです。

この感度が合わない排卵検査薬を使うと、結構苦労するみたいです。なんでも、ずっとくっきりと濃い陽性反応が出続けたり、逆に、ずっとうっすらとした陽性反応しか出なかったりするのだとか。

ということは、正確に排卵を予測することができないんですね。そのため、排卵検査薬を選ぶ際は、ちゃんと感度にも注目すべきみたいです。

しかし、排卵が近づいた時に、どれくらいの黄体ホルモンが分泌されるかなんて、素人ではまったく予想ができません。

となると、初めての場合はどう選べば良いのでしょうか?

調べたところ、ロート製薬のドゥーテストがそういう場合は無難だと分かりました。なぜなら、日本製排卵検査薬の中で、ドゥーテストの感度は高過ぎず低過ぎず、丁度中程度だからです。