ワンステップ排卵検査薬なら20回分からが良い?

感度を見る為にも最初は様子見が良いようです

ワンステップ排卵検査薬は、その価格の安さで日本でも高い人気を誇るそうですね。なんでも、単価が100円以下なのだとか。日本の排卵検査薬の単価が、400~500円代くらいですから、確かにとても安いと思います。

個人輸入に頼る形になるため、20回分単位からとある程度まとめ買いしなければいけませんが、個人的には、この安さなら1回で50本位は買いたいと思いました。

しかし、ワンステップ排卵検査薬を買う場合は、まず20回分からにしておいた方が良いそうです。なぜなら、体質によっては上手く反応せず、適切なタイミングをはかれないケースもあるからです。

詳しく言うと、黄体ホルモンの分泌量が、ワンステップ排卵検査薬の感度では上手く検出できないくらい少ない体質の場合、排卵日が近くなってもずっと陰性だったり、陽性が出てもくっきり濃くならなかったりするんですね。

日本製の排卵検査薬と比べて安いから、まとめて購入して、試し検査なども含めて数を多めに使いたいと考えているなら、それも良いかもしれませんが、自分のLH濃度に合っているのかを確認するのも必要な事なんだなと思いました。

もしも、感度とLHの濃度の関係でワンステップ排卵検査薬が自分に合わなかったとすると、残りは全部無駄ということになってしまうみたいです。

となると、1回で大量買いすればする程、無駄になる量は多くなるんですね。せっかく安く買ったのに、これでは安物買いの銭失いだと思います。なので、ワンステップ排卵検査薬を買う際は、最初は使い具合を見るために、20本セットを選ぶのが無難とのことでした。